玉乃井通信2017年6月25日

 
 
続いていた玉乃井の行事も終わり一段落。
「LP・CDを聴く会」ではゲストの高橋さんにサルサやマンボ(オリジナルのシンプルなもの)のステップを教わりながら、強い陽射しの下、みんなで庭で楽しく踊りました。その高橋さんから、こんなメールも届きました。
 
「それにしても、玉乃井の庭は素敵ですね。海が見えて、広くて、音楽が聞ける場所はなかなかないです。サボテンもあるし・・。部屋だけでなく、庭の貸し出しも、人気がでそうに思います。あの庭なら、夕焼けを見ながら、サングリアを飲むのも楽しそうです。」
 
真夏は冷房のない玉乃井はなかなかです。慣れていない人にはたいへんかもしれませんね。
7月は静かですが、8月には「おはなし会」「花火大会」もあります。うちわを使う暑い夏を体験がてらおいで下さい。
 


昼下がり海のほとりのおはなし会
八月五日(土)四時
「書と文字」  前崎鼎之
会場 海のほとり玉乃井(福津市津屋崎四・一・一三) 
JR福間駅より、[津屋崎橋行き]バス 「なごみ前」下車一分
会費  千円(珈琲、ケーキつき)
 
「海のほとり 玉乃井」へようこそ。
この会は隔月で、あるテーマに沿ってゲストを玉乃井に招き、お話を聞く会です。
それは同時に、その場に集まった人々が互いに言葉を交わすお話会でもあります。
テーマは、一年(全6回)を一括りに文化や芸術に関わることの中から設定します。今年のテーマは、「書くこと」。特に、言葉や文章を書くことに焦点を当てています。
第4回は書家の前崎鼎之さん。玉乃井の「第十二回津屋崎現代美術展」にも参加、部屋の中の部屋・万葉仮名(万葉集)に覆われたわれた茶室を創られ、また「象形文字講座」も開催。文字、その形、成り立ち、意味、それらが生みだすものへの尽ない興味を持ちながら、ご自身の書芸院で教えつつ、表現を続けられています。
 
主催:玉乃井保存活用プロジェクト
連絡先:畔道 Tel/Fax:0940-52-9610/E-mail :furu@kurashino-tonya.net
玉乃井 0940・52・0048
ホームページURL:http://www.tamanoi.life/