玉乃井通信2019年6月11日


もう海と空は夏の色。いよいよ今週末に遷座式(センザシキ)で す。

ほこら修復、鳥居新築
6月15日、遷座式とお祝い


玉乃井玄関横の恵比須神社はこの地域の守り神です。棟板などの記 録によると昭和9年に大工、占部徳助さんによりほこらが新築され ています。その後、昭和59年に一度鳥居は建て替えられています が。ほこらも85年たって老朽化が進んでいました。


この度、できるだけ以前の材料を使ってのほこらの修復と、鳥居の 新築が行われました。修復中むき出しで雨にさらされていた御神体 も無事に入られました。

6月15日には朝10時から、波折宮の宮司さんによって、修復中 一時他へ移られていた恵比須様が戻られる、遷座式(センザシキ )が行われます。みなさんもぜひご参加ください、地域の安泰をお 願いしましょう。みんなでお祝いし、寿ぎ、喜びあいましょう。 式の後、珈琲やお菓子もふるまわれます。